イタチを退治しよう~害獣による被害が発生したらすぐに対応~

外来種による被害

作業員

害獣と呼ばれる生物は数多くいますが、それにより引き起こされる被害は大きくなることもあります。このため、できるだけ害獣対策を施す住宅も少なくありません。イタチも害獣とみなされることもある一種です。このイタチによる被害も拡大しつつあることから、住み着いた時には退治することが大切になってきます。イタチを退治する前に、そもそもどのような生物なのかよく確かめておくと退治しやすくなります。イタチは哺乳類の一種で、在来種と外来種の二種類に大きく分けられてしまう。元々にこの国にいたイタチがニホンイタチで、主に自然の多いところで生息しています。チョウセンイタチと呼ばれるイタチが海外から持ち込まれたもので、繁殖し外来種となっています。特に住宅などに被害を引き起こしているのがチョウセンイタチです。このチョウセンイタチも自然の多いところ生息している生物ですが、自然環境が大きく変化したことから生活範囲内にも生息するようになってきました。このため、被害が大きくなってきているのです。見た目細長い体をしており、短い足が特徴的です。このような生物により被害が起きた時は害獣退治を行う業者に依頼してみるのも一つの方法です。肉類や、果物などを食べることから雑食といわれています。このため、人の食べるものも食べられることから、それを目的に町中で行動している生物もいます。どのような方法で退治していいか分からないという時も業者に依頼すること退治グッズを活用して対応してくれます。